素敵なお庭をお探しならS-STYLE GARDEN ひまわりリーフへおまかせください。

ご家族のくつろぎの時間を演出するお庭づくりのお手伝いをさせて頂きます。

外構,ガーデン,ウッドデッキ,カーポート,リフォーム

ワンちゃんの為のお庭づくりってどうしたらいいの・・・?


 ワンちゃんは本当にデリケート 

そんな家族のワンちゃんの為にワンちゃんをもっと知ってあげてください。

元気に遊ぶ姿から安心してしまいますが、ワンちゃんはとってもデリケートです。

お庭づくりの中に、ワンちゃんの快適ポイントを入れてあげるとお庭での時間がもっと楽しくなります

ワンちゃんが快適なお庭づくりのポイント!

 ポイント② 

お庭で運動スペースを確保してあげましょう♪


ワンちゃんも体格から性格までそれぞれ個性があります。
性格や体格に合わせたお庭を作ってあげましょう。運動できるスペースがお庭にあればお散歩へいけない日も安心です。

また、道路への飛び出しを防ぐフェンスを設置したり、踏み台になるようなものを置かないなど安全にも注意してあげたお庭づくりをしましょう。

 ポイント① 

肉球に優しい、安全な床材に♪


裸足で室内も室外も歩くワンちゃん。毎日室内にいるワンちゃんは肉球が柔らかいので、地面の熱や床の素材の影響を直に受けます。
やけどをしたりケガをしないお庭づくりには床材にも注意してあげましょう。



 ポイント③ 

天候を気にせず過ごせる空間づくり♪


日中、室内で留守番をすることも多いワンちゃんはお庭へ出れません。せめて、お庭を眺めながら太陽の光を感じる空間を作ってあげましょう。お部屋としても使える空間をお庭に設けることで、留守番の時もワンちゃんはお外を眺めて過ごす事ができます。

晴れた日にはガラスパネルを開いてお庭の延長でお使いいただき、雨の日はパネルを閉じお部屋の続きとして使えるガーデンルームはワンちゃんのお部屋としてオススメです。

天候に左右されず365日 愛犬と一緒に光や風を感じ、お庭の緑を眺めるくつろぎの時間を過ごす空間がガーデンルームです。


≫ワンちゃんのお部屋として最適なガーデンルームのご紹介はこちら

ポイント④

植物には危険がいっぱい


お庭に何気なく植えている草花でもワンちゃんたちには有害な植物があります。よく見かけるあじさいやアサガオ・スイセンも、ワンちゃんが食べてしまうと下痢や嘔吐など引き起こしてしまいます。また、チューリップやゆり等の球根に猛毒を含むケースがあります。

大切なペットが元気に過ごせるようにお庭に植える植物にも配慮が必要です。

ポイント④

ペット向けエクステリアを活用して人もワンちゃんも快適に♪


散歩の後やお庭で遊んだ後に足を洗ったり、夏の暑い日には水浴びをしたりと立水栓はペット向けエクステリアの代表格ですが、ワンちゃんの為だけでなくお庭の水やりなど使用用途が広い商品です。エクステリア商品には、お庭にあればご家族もワンちゃんも便利に使える商品が沢山あります。